製品案内

オーラルクロマ

オーラルクロマ

オーラルクロマは、口腔ガス中の主要口臭成分とされる揮発性硫黄化合物(VSC)を3要素ガス(硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイド)に分離し、その濃度を測定する口臭測定器(VSCモニタ)です。
国内・海外の歯科医院、大学、企業及び研究機関に導入させており、その用途も口臭測定だけでなく、口臭抑制商品の研究開発にも使われております。
2003年発売以降、初期モデルを含めて全世界30ヶ国、約1700台の納入実績があります。

※旧型モデル(CHM−1)については、上記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
※取扱説明書(PDF)のダウンロードはこちらから

すべて開く

特徴

口臭の3成分ガスを高精度で分離測定

orc_pic01ガスクロマトグラフ方式による口臭原因の細かな分析・治療効果の確認が行えます。

充実したデータ管理ソフトウエア(DataManager)

視覚効果に優れた口臭レベルの判定画面、被験者別の時系列管理等さまざまな機能を備えています。

測定画面測定画面 判定画面判定画面 被験者履歴画面被験者履歴画面

専用シリンジによるシンプルな呼気サンプル方法

被験者の負担を軽減します。チェアサイドにこだわることなく、設置場所を自由に選べます。

  1. Step01 前歯でシリンジを固定します
  2. Step02 唇をしっかり閉じます
  3. Step03 約30秒間、口腔ガスを溜めます
  4. Step04 プランジャーをゆっくり引いて、再度押し戻し、もう一度引いてから、口から離します
  5. Step05 プランジャ―の位置を、1.0mlに調整します
  6. Step06 本体に注入後、自動測定が開始されます

仕様

項目 内容
製品名 オーラルクロマ(OralChroma™)
型式名 CHM-2 (ブルー:CHM-2-BL,  ピンク:CHM-2-PK)
取扱説明書 V1
検知方式 半導体ガスセンサーを利用した簡易ガスクロマトグラフィー方式
測定ガス量 1.0cc
検知対象ガス 揮発性硫黄化合物に含まれる下記成分ガス
1.硫化水素  2.メチルメルカプタン  3.ジメチルサルファイド
測定時間 4分
検出単位 ng/10ml及びppb
呼気採取方法 シリンジによる手動注入方式
使用湿度範囲 相対湿度80%以下(結露なし)
使用温度範囲 10〜30℃
保存湿度範囲 相対湿度20〜90%(結露なし)
保存温度範囲 -20〜60℃
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 27VA
外形寸法(単位:mm) 280(W)×170(H)×385(D)
重量 約4kg
外部接続端子 USB及びBluetooth(Bluetoothは国内専用)
パソコン接続専用ソフト OralChroma™DataManager(オーラルクロマ データマネージャー)
  • ※本製品は医療機器ではありません

セッティングガイド/操作ガイド

セッティングガイド

操作ガイド